ハーレーのパーツ、ハンドルの重要性

ハンドル

ハーレーの醍醐味と言えば、カスタムをして自分だけのバイクを作り上げること。ということで、ハーレーのパーツはとても充実しています。その中でもハンドルは、3大パーツとも言われるほど重要です。今回はその選び方を考えてみましょう。

もちろん、他のパーツと同様、見た目も重要です。自分のバイクをどうかっこよくカスタマイズするか、がハーレーの楽しみ方の一つですから。外見の印象をがらりと変えることのできる部分なので、お好みのものを満足いくまで探して下さい。しかし、ハンドルを選ぶ際はそれだけでは良くありません。なんと言っても、バイクの操作に直接関わる部分だからです。自分や同乗者の命だけでなく、その周囲の人々の命にも関わります。

ですから、操作性、走行性などもよく考えて選ぶようにしましょう。人気があるだけあって、太さや形など、その種類は多種多様です。操作性、走行性はどうか、自分の走行スタイルに(もちろんバイクの特性にも)合っているかどうか、疲れすぎないか、考えてみて下さい。種類が多い分、探すのも大変ですが、それもまたハーレーのカスタムの面白さと言えます。外見も使いやすさも、自分にぴったりなものが見つかると良いですね。

看板

新旧のブレーキパーツの違い

ブレーキ

ハーレーのパーツの中でもブレーキは止まるという安全性能に関わる部分ですから、見た目だけでカスタマイズするのは問題があります。まず、ハーレーには新旧のシステムに違いがあるということを理解しておく必要があります。現行のハーレーならシングルディスクでも不満がなく走ることができますが、年式が古いものだと頼りなさを感じてしまうことがあります。

ディスクブレーキの構造は、油圧でパットを押してディスクを挟むというメカニズムです。1999年までのモデルは油圧でピストンを押す方式と、キャリパー全体が動いて両側からローターを挟む片押し1ポッドという構造が採用されていました。これに対して、2000年以降のモデルには向き合った4つのピストンがパッドを押し出す対向4ポッドに変更されました。

これで純正のパーツの制動力がパワーアップしています。パットを交換するのであれば、レジン、セミメタル、メタル、などの種類があります。それぞれ特性が違うので、好みのものを選んでカスタマイズしてみるといいでしょう。雨の日も走りやすくしたいのであれば、セミメタルやメタルなどが適しています。純正に不満があるなら社外製のパーツに取り替えてもいいです。

夕日ツーリング